美しい和服

近年の結婚式では、キリスト教での教会で行う結婚式の他にも、東京の神社で行なう神前式が人気となっています。多くの人が連想する洋風の結婚式は、教会やホテルで式を行なうものです。特にホテルでの式は多くの演出やイベントを行なうため、かかる費用も高額なものとなりますが、こうした東京の神前式では費用はそれほどかかりません。ホテルでの式に比べればやや地味な印象であるため、こうした神前式に対してマイナスのイメージを持つ人もいることでしょう。しかし、費用がかからないからといっても、決して神前式はホテルでの式に劣るわけではありません。厳かな神社での式であるため、通常のホテルで行なうようなパーティーのような雰囲気とは違い、粛々と儀式としての雰囲気を味わうことができるのです。結婚とはもともと両家の発展を願っての式であるため、古来より受け継がれる日本の和の文化を意識しながら、想い出に残る式を挙げることができるでしょう。

神前式にマイナスのイメージを持つ人の多くが、身に付けるドレスによる問題を指摘します。教会やホテルで行なう結婚式であれば、美しいウェディングドレスを羽織れるため、一生に一度の記念すべき式でより美しい自分を写真に修めることもできるでしょう。しかし、神前式であれば基本的に白無垢であるため、デザインの面で不服とする女性は多くいるのです。しかし、東京で行える神前式では、通常のような白無垢のみで式を受ける必要はありません。豪華な刺繍や美しい柄が入った和装も身に付けることができるため、綺麗な和服姿で式に臨むことができるのです。近年の和服は、鮮やかな赤や朱色、ピンクなどのビビットな色を取り入れた服も多くあるため、女性の間でも可愛いと評判の和服が数多くあります。こうした和服を着用することで、通常のウェディングドレスにも引けをとらない美しい和装で、理想の結婚式を挙げられるでしょう。